グッズ☆パパラッチ

テレビや雑誌で紹介されたグッズをサーチします!

タグ:アメトーーク!

2016年12月11日の日曜はアメトーーク!の「家電芸人」で紹介された
炊飯器から2台目のご紹介です。

「家電芸人」のコーナーの合言葉は、
カイタイトキガ、カエカエドキー
ですよ(^_-)☆

炊飯器の1台目は3合炊きのアイリスオーヤマの炊飯器をご紹介しました。


今回は、ファミリー向けの5.5合の炊飯器のご紹介をします。


こちらのTOSHIBAさんの炊飯器は、
お米の旨さ(つや、香り、弾力、粘り、甘み)を引き出すための3つのポイントがあります。
☆炭で製造された羽釜
☆真空ひたし、という吸水
☆羽釜の形と大火力で沸騰うまみ炊き


☆羽釜
伝統ある羽釜の形でかまど炊きの炊き方を追求&再現!
東芝ならではの鍛造製法で、専用の釜を作っておられます。

☆真空ひたし
時間のかかる吸水時間を真空ですばやく!
洗米後、すぐに炊飯スイッチを入れてもおいしく炊き上がるとのことです。

☆大火力
釜の形と、1420Wという大火力で、激しい対流を生み出します。
お米を美味しく炊くには、この対流がとても重要です。
お米一粒一粒に熱を行き渡らせて、炊きむらを抑えて、ふっくら炊き上げます。
そうすることで、炊き上がってフタを開けると「カニ穴」がはっきり見えるそうです。
カニ穴は、お米が美味しく炊けたサインだそうです。


また、保温にも実はすごい機能がついています。
真空保温と言って、真空で保存するので、ずーっとおいしいまま。
最大40時間の保温が可能です。
真空なので、ごはんの酸化による黄ばみ、臭いを抑えてくれます。


パット見、ボタンなしの、タッチパネル式の炊飯器。
キッチン家電でも、特にオシャレな部類の家電ですよ。
ぜひチェックしてみてください。








2016年12月11日の日曜はアメトーーク!の「家電芸人」で紹介された
掃除機の紹介です。

家電芸人の合言葉は、、
カイタイトキガ、カイカエドキー
ですよ(^_-)-☆


紹介された掃除機は、
「エレクトロラックス エルゴラピード・リチウム ベッド・プロ・パワー」
です。


流行りのコードレスのスティッククリーナーです。
収納にも良さそうな大きさです。

この掃除機、ハンドクリーナーにもなるんです。
ここが最大のポイントです。
長い柄を外して、コンパクトなハンドクリーナーになるので、
車の中や、机の上も掃除が楽々です。

また、第2のポイントとして、布団専用クリーナーなので、
吸引力もすごい!
アレルギーの原因となるホコリやアレルゲンをしっかり吸ってくれるんです。

でも、使い勝手も良いんです。
付属品も、お布団やマットレス用のノズル、布団ノズル、
カーテンなどにも使える布用ノズル、ホース、ロングすき間ノズル、
すき間ノズル、ブラシノズルといったお掃除に使える便利なアクセサリーが付いています。
また、吸引力がすごいのですが、片手で楽々お掃除できる設計になっていますよ。
1回の充電で、通常モードであれば45分、最大モードでは15分とスタミナが長持ちなのも嬉しいです。 


アレルゲンをしっかり除去してくれるふとんクリーナーでもあり、
ハンドクリーナーとして家中のお掃除も出来てしまう
コードレス スティッククリーナー。
これからの花粉の季節のお掃除にも持ってこいです。
ぜひチェックしてみてくださいね。







2016年12月11日の日曜はアメトーーク!の「家電芸人」で紹介された
ヘルシオ・グリエがすごいんです。

「家電芸人」のコーナーの合言葉は、
カイタイトキガ、カエカエドキー
ですよ(^_-)☆


ヘルシオ・グリエ。
かの有名な超高級なヘルシオを買いやすくした、
ウォーター・オーブンです。
プレゼンは、お料理好きなキャイ〜ンの天野さんでした!

SHARPさんが「BALMUDA」というトースターに対抗して開発したオーブンだそうです。
SHARPさんの本気が詰まっています!。


このヘルシオ・グリエは、パンもお惣菜も作りたてのような味が味わえて、
モーニングセットも、1回のチンで複数のおかずが作れちゃいます。

その秘密は、、
ヘルシオ・グリエは、過熱水蒸気で「焼く」オーブンだというところにあります。


過熱水蒸気というのは、100℃を越える水蒸気のことです。
温度が低い方に多くの熱を与える性質があるので、違う種類の食材も同時に調理可能なんです。

水蒸気で庫内がいっぱいになるので、どこも均一に焼けますし、
通常なら、別に焼かなければならないものも、一気に焼けるんです。

キャイ〜ンの天野さんは、モーニングのおかずの例として、「パン、卵、ベーコン、アスパラガス」を同時に調理する実演をしていました。
フライパンを使っても、パン、卵、ベーコン、アスパラガスを同時調理は難しいです。

びっくりするんですが、本当に、同時にトースト、ボイルドエッグが出来てしまうんです!
もちろん、ベーコンとアスパラガスも焼けてしまいますよ。
過熱水蒸気なので、アルミも入れて調理できてしまいます。


作り方はとても簡単。
食材をプレートに並べて、専用のタンクに水を入れて、セットするだけ!

トーストも外はカリッと、中はモチっと焼けてしまいます。
天ぷらの温め直しも、揚げたてのように出来てしまっていました。

もちろん、ノンフライ調理もできるので、
油を使わない鶏のから揚げも作れますよ。
クロワッサンも、外はカリッと、中はふんわり温め直しが出来ます。


これらの技は、過熱水蒸気だから出来る技ですね。

ヘルシオは高くて手が届かない(TдT)
という方も、購入しやすいお値段ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。


2016年12月11日の日曜はアメトーーク!の「家電芸人」で紹介された
一人暮らし用サイズの3合炊き炊飯器がすごいんです。

「家電芸人」のコーナーの合言葉は、
カイタイトキガ、カエカエドキー
ですよ(^_-)☆


炊飯器とIHヒーターが合体したような炊飯器ですよ。


この商品は、12月7日に放送されたヒルナンデス!でも
細川茂樹さんが紹介していましたよ。
アメトーーク!の家電芸人では、土田さんが紹介していました。
一人暮らしの方に人気な機能が色々ついているんです。
この炊飯器1台あったら色々楽しめそうですよ。


アイリスオーヤマのRC-IA30は、話題のポイントが3つあります。
☆「IHヒーター付」でお鍋もできちゃう!
☆上の釜の部分が「おひつ」として持ち運び可能!
☆ご飯が美味しく炊ける「量り炊き」

☆IHヒーター付き
80w〜1000wまで5段階で加熱できるので、加熱調理が出来てしまいます。
テーブルでお鍋も出来てしまうので、鍋パも出来ます。
これとは別にIHヒーターは購入しなくても良いですね!


☆おひつとしても◎
おひつと言えば、持ち運び出来ます。
炊飯器は持ち運べないでしょー、と思うのですが、
こちらの炊飯器は、上の釜の部分とIHヒーターが外れるので、
おひつとしても使えてしまうんです。
お米が炊き上がると、本体が分離して、おひつのように持ち運び可能。
しかも、2時間約70℃の保温が可能なので、おひつよりも保温機能があります。


☆測り炊き機能
測り炊き機能というのは、銘柄別に適した水量を測る機能です。

メニューボタンを押して、お米の銘柄を選択
▶お釜を入れて、その中に洗米前のお米をそのまま入れると、お米の重量が表示される。
▶計量ボタンを押すと、必要な水の量が表示される。
▶お米を洗って、よく水気を切る
▶表示された適した水を入れる。水量を測ってくれるセンサーが0ccになるまで、水を入れる
▶OKと表示される。炊飯スタート!

と使い方は簡単です。


最近の美味しく炊ける炊飯器のラインナップを考えると、お値段も安い!!
IHヒーターとしても使える、機能抜群の炊飯器です。
ぜひチェックしてみてください。


家電芸人の合言葉は、、
カイタイトキガ、カイカエドキー
ですよ(^_-)-☆

家電ってる かでってる=神ってる家電
などの、家電流行語大賞と共に、徳井さんがプレゼンをしていました。


このデジカメのすごいところは、何と言っても
写真を撮ってから、後からフォーカスを決められるところ!
あ、ピントが合わなかった…といった、撮り直しがいらないカメラなんです。

その訳は、1回シャッターを押すと、4Kで49種類の異なるフォーカス写真を記録。
なので、後からピントを変えられるんです。

そして、自分の好きなところ、全部にピントを当てることも出来るんです。
フォーカスの異なる複数の写真を合成することで、全てにピントの合った写真ができてしまう!

これらの機能が、「フォーカスセレクト」、「フォーカス合成」という特長です。
何度も取り直さなくて良いので、観光地で写真を取る時などに気を使わなくて済みますね。

これらのフォーカスの機能だけでなく、
持ちやすいコンパクトなデザイン、手ブレ補正、空間認識AF、
L.モノクローム、スマホとの連携機能など、注目機能がたくさんです。
その中でも「スライドフォトセレクト」で、4Kで連射した
1秒間に30コマで撮影した写真の中から、好きな写真をスライドしながら選べる、という機能も売りのようです。


色々サーチしてみますと、
CMでは、綾瀬はるかさんをカメラマンの若木信吾さんが写真を撮っています。
平井堅さんも出てきますよ。
LUMIX GX7MK2で撮られた綾瀬はるかさんの超絶キレイなこと!!
可愛いし、キレイだし、、
このLUMIX GX7MK2で写真を撮ると、綾瀬さんみたいにキレイに見えたりしないかなぁ?
と思ってしまいます^^;


コンパクトで使いやすく、後からフォーカスを変えられるという魔法のようなデジカメ LUMIX GX7MK2。
ぜひチェックしてみてください。

↑このページのトップヘ